診断キットおよびサービス

癌パネルの開発及びサービス

ConnectaGen(株)は、最近5年間NGS、whole genome microarray-CGH、whole genome miRNA arrayなどの技術を適用して、様々な固形がんと血液がんの原因遺伝子変異と癌の進行に貢献する遺伝子変異を発掘し、結果を主要な科学誌に発表してきました。

 

国内自社開発された癌パネルは一部の大型病院などで、独自の使用目的に作られたのはあるが、複数の医療機関を支援することができるスタンダード型癌パネルは開発されてなかっだったんです。

ConnectaGen(株)は、カトリック精密医学研究センターと共同で、がん パネルの開発を進めて二つの方式のNGSの両方をサポートしている2種の癌パネルを開発した。

このがんのパネルは、全世界的に使用可能なほとんどの抗がん剤ターゲット遺伝子変異を検出することができるように設計されTERT promoterなど、最近の研究では、臨床的な意味が新たに明らかになった遺伝子は、伝統的に重要であるが、技術的な理由NGSで検査することができなかったMSIなどの変化も分析することができるように設計されています。
 

cp_j.png
cmi2-4.png

強直性脊椎炎の遺伝子分析KIT

強直性脊椎炎(ankylosing spondylitis、AS)は、脊椎関節炎の一形態として、通常10代後半から20代前半に開始して30日、40代の典型的な脊椎低下を示す慢性進行性全身疾患です。   患者は、脊椎関節炎が一部進行した状態で、専門医を探すされ、現在の診断基準では、すでに初期治療時を逃して完治が不可能です。


もし病気の初期の時点で診断または発症を予測し、適切な治療をすれば、病気の進行を遅らせたり、完治が可能です。

病気の原因は明らかにされなかったが、「HLA-B27」という遺伝が関連性が大きいと予想されています。


しかし、HLA-B27検査は病気の初期に発症を診断したり、予測する用途には使用できません。


私たちが開発した強直性脊椎炎の早期検査はHLA-B27のほか、4つの遺伝子検査を組み合わせたもので、早期に病気を診断/予測して適切な対応をすることができるように助けてくれる世界初の検査です。


中国強直性脊椎炎有病率は10万人当たり500人程度、世界最高水準であり、検査の需要は200万〜500万件です。


韓国の有病率は10万人当たり50人であり、年間の検査の需要は約10万件です。

カスタム健康設計

遺伝体分析を通じて、各個人のカスタム健康設計を提供しています。


国内および海外のパートナー社の機能性食品や化粧品


そしてConnectaGen(株)のみの専門分析が一緒にします。

유전체분석j.png